学生インタビュー

自己分析だけでなく、他者評価を通しても
新しい可能性に気づくことができる


広島市立大学 国際学部 国際学科 2年 中居磨美(なかいまみ)さん

他者評価をすることが自身を見直すきっかけに

――中居さんは2年生ですが、すでに就活に向けて動いていらっしゃいますか?

「いまはまだどんな業種にするかを考えている段階です。興味のある業種が多くてひとつひとつを詳しく掘り下げられていない状況なのですが、社会に目を向けた活動を生み出す仕組みやそれをサポートする活動などに、今は興味をもっています」

――GROWを使い始めたのは?

「2017年始めごろからです。所属しているアイセックという学生団体で、他者の評価は何か指標がないとなかなかできないので、GROWのようなアプリで適切に評価できるのはすごく便利だなと思います。内部の人材評価に活用しようとしたのがきっかけです」

――使っていてよかったと思うことは?

「他者を評価しながら自分はどこまで出来ているのかを見直したり、さらに上に行くにはどうしたらいいかを考えるきっかけになったりするのがすごくいいなと思います。GROWを使うと、最初に自分に向いている職種が出てくるのですが、それが自分の興味と全く異なっていて、新しい発見にもなりました。私の場合、まだ業種が絞り込めていないこともあって、自分の特性から出てくる業種を検討してみるのもおもしろいなと思います」

コンピテンシーを知ることで新しい私を発見

――ご自身の評価を見てどう感じましたか?

「『柔軟性』と『疑う力』がそんなに評価が高くなくて意外でした。『興味』の数値は高いので、もしかしたら私は疑いながら質問するのではなく、関心を持って質問をしているタイプなのかな?と思ったりもしました。『感情コントロール』は自分でも弱みだと自覚していたので、日々気をつけることで変わっていくといいなと思います。GROWだと定期的に他者評価がわかるので、意識し続けられるのもいいですね。また、私だけかもしれないですが、自分の強みを問われるとなかなか言葉にしにくいんです。GROWのように数値化されて、コンピテンシーとして提示されると、そこから具体的なエピソードを探したりもできますよね」

――それは面接でも役立ちそうです。就活はどのように進めようと?

「インターンシップにしても、企業を選ぶ基準をつくらないといけないと思っているので、まず自分は何がしたいか、何を重視するかを考えると同時に、どんな機会があるのかを探していこうと思います。ただ、そういった進め方だと、コンピテンシーという考え方は抜けがちなので、自分のコンピテンシーから考えるというアプローチもしてみたいと思います」

いろいろな体験によって自分の判断基準もできるはず

――最後に、後輩の学生たちへメッセージをください。

「大学1年のときは、ひとつに絞らずに、いろいろなものに触れたり、そういう体験があとから自分の引き出しになるし、経験を通じて自分の強みや弱みが見えてくることもありますから、参加したりしてみてほしいです」

――中居さんは行動派なのですね。臆することはないんですか?

「やる前は、すごく緊張しますけど、実際やってみると何かしらいいことがあるんだと分かってきたので。GROWの他者評価も、一緒に活動をした仲間に評価してもらえることができれば、よりよいと思います」

――いろいろな経験が評価のベースになる?

「他者評価を得る際に、人柄だけではなく活動を通じた経験を評価してもらうのとそうでないものでは大きく結果が変わると思います。だからこそ、小さな活動でもいいのでなにかをやった経験があればコンピテンシーを図る効果性も高くなると思います」

GROW magazine

あなたのグローバル人材としての強みを伸ばし、弱みを克服するTIPS満載のウェブマガジン。メルマガに登録して、グローバル企業への就職を勝ちとろう!

メルマガ登録はこちら